風邪薬広報部

当面アイドルのプロデュースは日課になると思う。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOVプレイ日記4日目

4日目に行きます。
エステルは宿で休んでいるということで、ユーリ達もヘリオードで一泊することに。
翌日、障壁魔導器に異常があるので直したいとリタが言うが、
たまには騎士団の顔を立ててやろうとユーリが言い、
騎士団本部にいるフレンのところへ修理を依頼しに行った。
とそのとき、突然街の障壁魔導器が暴走する。
このままでは街が爆発するかもしれないということで住民が避難する。
しかし、リタは魔導器のところへ向かい修復を始めた。
修復は成功するものの、暴走に巻き込まれてリタが倒れる。
リタは宿のベッドに運び込まれ、エステルの懸命な治療が始まった。
エステルとリタを残して部屋から出るユーリ。
ユーリは廊下でカロルを見つけた。
カルボクラムで魔狩りの剣を首にされたカロルは、
自分の居場所となるギルドが欲しいからか、ユーリにギルドを作らないかと提案する。
ユーリは何か考えがあるようで、その提案を受け入れた。
ユーリが部屋に戻ると、リタはもう目を覚ましていた。
どうやらもう大丈夫そうである。

翌朝、ユーリ達はギルドの街であるダングレストに向かうことになる。
とここで、騎士団のアレクセイからケーブ・モック大森林の調査をするように依頼される。
ユーリ達はダングレストに寄ってからケーブ・モック大森林へ向かうことになった。

ダングレストに到着したユーリ達。
ギルドを作るために、ギルドを束ねるユニオンの長であるドンという人物に話をすることになる。
しかし、突然障壁魔導器が機能を停止し、それと同時にモンスターが襲い掛かってきた。

モンスターを倒していくユーリ達。
しかし、障壁魔導器を修復するのが早いということになり、障壁魔導器のあるところへ向かう。
そこに赤の眼の暗殺者が襲い掛かってきた。


モンスターとの戦闘は2連続での戦闘になるので、
1戦目が終わったときに料理のショートカットで回復するとよい。
基本的には雑魚敵なので普通に戦っていれば問題ない。

暗殺者も大して強くないので大丈夫だろう。

障壁魔導器を修復したところで、ユーリ達はユニオンの本部へ向かう。
しかし、ドンは今町の外でモンスターと戦っているらしい。
仕方がないのでユーリ達は大森林へ向かうことにした。

(9:04)


大森林へ。
大森林に入るとレイヴンが仲間になる。

途中のイベントで、カロルの虫嫌いが判明する。
080811_01.jpg
にしても、殺虫剤なんてあるのか。
画面は虫系モンスターの大群がやってきたと大法螺を吹いたレイヴンにリタが殺虫剤を噴射したところ。
ちなみに、森の中で手に入るカロル用のバスタードソードには「虫嫌い」ってスキルがついている。
効果は虫に与えるダメージと虫から食らうダメージが増加。

1時間近くさまよってようやくボス戦。

最初端に追い込むまでは結構きつかったが、端に追い込めば結構楽に戦えた。
OVLを利用してFSを4チェインぐらいさせてからFSを取ってみたりとかもしてみたが、
バーストアーツを食らわせてなかったので少しもったいなかったかも。

KC360406.jpg
グレード詳細は一画面に収まらなかったので以下に。
シークレットミッションは分からなかった。

ボスを撃破した  +10.00
ボス撃破時のコンボボーナス  +0.20
フェイタルストライクチェインボーナス  +1.60
ダメージを受けた  -0.82
連続攻撃を受けた  -0.03
ダウンしている敵を吹き飛ばした  +0.02
吹き飛んでいる敵を浮かした  +0.18
10Hitコンボを達成した  +0.25
フェイタルストライクを発動した  +4.00
回復アイテムを使用した  -0.70
戦闘終了時にHPが最大だった  +0.50

ボスを倒すと、今度はそれと同じモンスターが何体も現れて取り囲まれる。
そこにデュークという白髪の男性が現れて、敵を全て消し去った。
ユーリ達がいる場所はエアルの源泉となるような場所らしい。
エアルの暴走の手がかりとなる情報を得たためここで引き返すことにする。

帰りに森の入り口でドンに出会った。
ユーリはギルド結成についての話をしようと思ったが、
ドンに急用が出来たため、ユニオンの本部で話を聞くということにした。

(14:47)


一つのダンジョンを攻略するのに4時間以上かかるとはどういうことだ。
……寄り道もしたけどさ。

ユニオンの本部に入ったユーリ達。
ドンの私室に入ると、そこにはフレンがいた。
フレンは最近悪さをたくらんでいる血の絆傭兵団をユニオンから追放し、
協力してそのギルドを潰さないかと申し出る。
ドンはユニオンと騎士団が対等の条件で仕事をするならいいだろうということで、
提案は受け入れられる……はずであった。
しかし、ヨーデルからの書簡を読んだ途端、ドンの態度は一変する。
書簡には「ドンの首を差し出せばギルドの横暴を許してやる」という旨の文章が書いてあったのだ。
フレンはヨーデルがそのような手紙を書くはずはないと無実を主張するが、
ドンは言うことを聞かず、騎士団との全面戦争を宣言した。
さらにフレンはギルド本部内の地下牢に捕らえられてしまったのだ。

ユーリは一人で地下牢に忍び込み、フレンの身代わりになる。
そこにドンがやってくる。
実は先ほどの宣戦布告はなにやら様子がおかしいと感づいて一芝居打ったものであった。
最初からドンはフレンをこっそりと逃がし、事の真相を確かめに行ってもらうつもりだったのである。
そういうわけでユーリも事実上釈放され、エステルたちと合流。
血の絆傭兵団の人間が酒場にいると知り、その酒場に乗り込む。

酒場には血の絆傭兵団の首領、バルボスがいた。
周りにいる傭兵達を始末しつつ、バルボスと戦う。
そこに魔導器を破壊して回っている竜使いが現れる。
バルボスは武器についている飛行機能を使って逃走。
ユーリは竜使いとともに竜に乗り、バルボスのアジトへ向かった。
バルボスのアジトの屋上でバルボスを見つける。
しかし、そこに傭兵が8人やってきて戦闘になる。


敵は船の上で倒したものと同じで、人数が増えているようである。
8人いるとさすがに囲まれやすくなるので、
オーバーリミッツと、自分の周囲の敵を吹き飛ばす烈砕衝破を有効に使うとよいだろう。

傭兵は倒したが、結局は捕らえられてしまう。
捕らえられた部屋には先ほどの竜使いもいた。
竜使いはクリティアの女性、ジュディス。
ユーリは魔導器を破壊している理由を聞いてみたが教えてくれなかった。

二人で騒ぎを起こし、牢屋を脱走した後、
二人は建物の上にいるはずのバルボスのところに行く。


まずは捕まっていた部屋から左にまっすぐ進んだところの部屋で、ユーリの武器を取り戻す。
その部屋の手前の緑色の光に近づくと、ソーサラーリングが強化され、
それと同時に上の階への道が開ける。
階段を上がって次のフロアに行くと、リミッツデュオを貰う。
これでオーバーリミッツがLv2まで使えるようになる。
そのフロアから外へ出るとエステルたちと合流。何故かレイヴンもいる。

ここからは7人でダンジョンを探索。フィールドに出てダングレストへ戻れるようにもなる。
というわけでフィールドに出て軽く周辺を探索。
ダングレストでムーンセレクタなどを合成して、食材も補充してまた戻る。

3階からはソーサラーリングで歯車を撃って動かすことで、先に進む道を作る。
途中に何故かある風車はワンダーシェフ。

バルボスのアジトに出てくる敵で一番の脅威が魔法を使うウィッチ。
エステル、リタ、レイヴンの術(レイヴンは遠距離攻撃も)を使って早めに仕留めておく。

セーブポイントから少し進むと屋上へいける。

屋上にはやはりバルボスがいた。
バルボスが手に持っている武器、それについている魔核はなんと下町の水道魔導器のものだった。
バルボスはその武器で攻撃しようとするが、そこにデュークが乱入する。
デュークが遠くで剣を掲げるとバルボスの武器は真っ二つに折れてしまった。
仕方なくバルボスは普通の大きな剣に武器を持ち替え、その状態でユーリ達に勝負を挑んできた。


戦闘が開始すると周囲の橋から手下が現れる。
リタ操作の状態で、まずはオーバーリミッツでウィッチを始末。
その後、乱戦になりながらも確実に手下を始末していった。

取り巻きを全て始末したところで気になったのが、周囲4箇所の橋についている「橋を支える装置」。
最初ファイアボールで装置を攻撃したが何も起きない。
続けてファイアボールで装置を攻撃すると装置が破壊され、橋が1箇所使えなくなった。
とりあえずその後もファイアボールで残りの装置を壊してみる。
全部壊すまでユーリ、ラピードは1ダメ装備をつけてもらう。
エステルはすでにスキルで与ダメが1になっている。
装置を全て壊し、橋を使えなくするとバルボスが悔しがる。
これでシークレットミッション達成らしい。

橋を全部壊してからはムーンセレクタでユーリ操作に切り替える。
特に意味もなくオーバーリミッツを利用してFSをチェインさせながら攻撃。
そして撃破。

080811_03.jpg
リザルト画面には「敵が増援を呼べない状況を作った」とある。
ということは橋を破壊しないとあの橋から増援がまたやってきていたということか。
今回は意識していれば分かりやすい上に、簡単に取れるシークレットミッションだったが、
何も考えずに戦っていると途中でまた増援を呼ばれて苦戦することとなっただろう。

ボス撃破  +10.00
シークレットミッション  +10.00
FSチェインボーナス  +2.60
ダメージを受けた  -1.28
連続攻撃を受けた  -0.06
攻撃をガードした  +0.07
ダウンしている敵を吹き飛ばした  +0.01
吹き飛んでいる敵を浮かせた  +0.08
操作キャラ以外が戦闘不能  -0.50
FSを発動  +1.00
回復アイテムを使用  -1.50
戦闘終了時にHPが最大  +0.75

ユーリ達はバルボスの武器についていた水道魔導器の魔核を奪い返した。
バルボスは「ユーリは若い頃のドンに似ている。
必ず貴様は敵を作ることとなり、いずれは世界に呑まれるだろう。
地獄でお前が来るのを待っている。」というような言葉を残して飛び降り自殺した。

下まで降りるとレイヴンはいつの間にかいなくなっていた。
そしてジュディスもここで別れることになる。
ユーリ達5人はダングレストへ戻ることにした。

(22:03)
スポンサーサイト

コメント

メールアドレス欄に記入すると、スパムと間違えて削除した上でコメントを拒否させてしまう恐れがあります。勝手なお願いですが、出来る限りメールアドレス欄は空白でお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kazegusuri.blog47.fc2.com/tb.php/70-b097e62c

 | HOME | 

文字サイズの変更

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

風邪薬P

Author:風邪薬P
以前は大変な途中下車シリーズのMADを数本製作していたが、2007年末からアイマスに興味を持ち始める。
ついにはバイトで稼いだ金でアイマスとL4Uと箱○とを購入して現在に至る。
今年の6月頃からテイルズオブヴェスペリアにも手をつけた。

2008年4月から大学2年。
アイマスで一番好きなキャラは千早。
ヴェスペリアではリタ。



【メールアドレスは公開していません】
メールでのやり取りを希望する方は、最新の記事にコメントをお願いします。

自作動画リスト

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ArcanA collection

風邪薬はFirefoxユーザです

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。